行政不服審査法40条:審理員による執行停止の意見書の提出とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法
 
「審理員が、執行停止の意見書を提出できるはどんなとき?」

「審理員の職権でも、執行停止できる?」

この記事は、行政書士の僕が書いており、
「行政不服審査法40条:審理員により執行停止の意見書の提出」について、分かりやすく、解説していこうと思います。
✔︎  この記事で分かること
1.  どのようなとき、審理員は執行停止の意見書を提出できるのか
 


執行停止できるときは3パターンあり、


  1. 審査庁の職権
  2. 請求人からの申し立て
  3. 審理員から意見書が提出されたとき


この記事では、
c.審理員から意見書が提出されたときの条文を見ていきます

行政不服審査法40条:審理員による執行停止の意見書の提出とは【分かりやすく解説】

どのようなとき、審理員は執行停止の意見書の提出できるのか

審理員は、必要があると認める場合には、審査庁に対し、執行停止をすべき旨の意見書を提出することができる

要は‥

審理員が「執行停止にするべきだ!」と判断した場合、審査庁に対して、審理員自ら執行停止を申し入れることができる


審理員は、職権で執行停止はできず、
あくまでも、審査庁に意見書を提出するのみです

過去問:レッツチャレンジ!

Q.審査請求の審理が進行している場合において、審査請求人の権利利益が害されるとこが明確な場合は、審理員は執行停止の決定することができる

×
審理員は職権で執行停止することはできません
「審査庁に意見書を提出」することはできます

Q.審理員は、必要があると認める場合には、審査庁に対し、執行停止をすべき旨の意見書を提出することができ、意見書の提出があった場合、審査庁は、速やかに執行停止しなければならない

×
文末が誤り。「決定しなければならない」のであって「しなければならない」わけではない。
25条7項の規定だが一緒に覚えておこう

まとめ

1.  審理員は、審査庁に対し、執行停止をすべき旨の意見書を提出することができる
2.  審理員は、自ら執行停止はできない
 

こんにちは、アツシです。
僕は、大手の予備校に2年間通い詰めて行政書士資格を取得しました
講義はDVDで何回も見直し、テキストも穴が空く程読みました。
気付けば勉強時間は1000時間を超えていました。アホみたいに勉強しました。
結果、本試験では200点超えで合格。

この2年間で培ったノウハウをこのブログで公開しています。

  • 大手予備校で学んだ分かりやすい解説
  • 自分なりに発見した、誰にでもわかるような解法テクニック

これらを、昔の自分でも分かるように「素人目線」で解説していきます。

この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政不服審査法 行政法
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました