在留資格

配偶者ビザの更新はいつから行えばいい?延長可能な期間や必要な審査期間も解説!

日本人配偶者ビザの更新申請の期限を知っていますか?1日でも過ぎてしますと不法滞在になりますのでお気をつけください。また、更新時に在留期間を増やす方法についてもご紹介します。
在留資格

日本人配偶者ビザと就労ビザの違いとは?注意点についても解説!

日本人配偶者ビザと就労ビザの待遇の違いは?結論:日本人配偶者ビザの方が優遇されます。注意点としては、離婚や死別した場合などはどのような対応をするべきかが挙げられます。
在留資格

日本人配偶者ビザと永住権の違いとは?取得の条件も合わせて解説

国際結婚して最終的には永住権を取得したい!という方に向けて記事を書きました。日本人配偶者ビザと永住権の違いや、永住権を取得するために必要な8つの条件についてもご紹介します。
在留資格

初めての配偶者ビザの申請で気をつけるべきポイントとは?在留期間の決まり方

配偶者ビザの初回申請の在留期間は通常1年。場合によっては、6か月や3年の場合もあります。申請のポイントや気を付ける点を分かりやすく解説します。
在留資格

就労ビザから日本人配偶者ビザに変更するメリット・条件とは?

就労ビザを日本人配偶者ビザに変更するか迷われる方に向けて作成しました。変更申請の条件や必要書類について。更には変更するメリットを分かりやすくまとめています。国際結婚を機に変更される方はとても多いですよ。
配偶者ビザ

永住権が欲しい!3年以上の配偶者ビザを取得するための条件とは?

配偶者ビザで3年以上の在留期間を取得すると永住権を申請する権利が貰えます。在留期間3年以上を取得のための申請に必要なことは?取得したい年数を分けながらご紹介します。
建設業許可

【図で紹介】専任技術者は異業種の主任技術者になれるのか:2つの要件を満たせば大丈夫です。

「専任技術者は異業種の主任技術者を兼務できるのか」「専任技術者と主任技術者の違い」について図を用いて解説します。個人事業主の方やや小規模の事業者の方は必見です。
建設業許可

【建設業許可】専任技術者と主任技術者の兼務は可能?役割の違いについても紹介

【図解】専任技術者と主任技術者の兼務は原則できませんが、例外的に兼任ができる方法があります。その方法を分かりやすく解説!また専任技術者と主任技術者の概要や違いもご紹介します。
建設業許可

【簡単】専任技術者の要件とは?主任技術者との兼務や違いについて

自社は専任技術者の要件に満たしているのか?技術者は少ないので主任技術者との兼任できる?そもそも専任技術者と主任技術者は何が違うの?といった疑問にお答えします。
建設業許可

【早見表】経営業務管理責任者の要件とは?取得できるかをフローチャートで確認

経営業務管理責任者の要件をどこよりも分かりやすく解説します。見るだけで分かるフローチャートにて解説しています。是非ご覧ください。
建設業許可

【簡単】建設業での独立!必要となる4つの準備とは:建設業許可は不要。

建設業界で独立を考えている方向け。独立準備の全体像が分かります。「まずは何から始めればいいのか分からないと」いう方は是非読んでください。
建設業許可

【図解】建築一式工事とは?許可不要の場合もご紹介【建設業許可】

建築一式工事を取得しようとしている方向け。建築一式工事とは?建築一式工事の許可が要らないときについても解説します。
建設業許可

【無料Excelあり】建設業許可票の看板はおしゃれに出来ない?書き方やサイズに制限あり

こんにちは。行政書士のサカイです。 この記事を見ているあなたは、建設業の許可を取得して許可票の看板作成に取り掛かろうとしてるのではないでしょうか。 せっかく建築業許可を取得したのですから、おしゃれな許可票の看板を飾りたいread more...
建設業許可

【フローチャート付き】経営業務管理責任者になれる役職とは?【建設業許可】

これから建設業を取得する方向け。建設業許可の経営業務管理責任者になれる役職とは?さらに、要件に満たしているかフローチャートで確認できます。
建設業許可

【必見】建設業許可が不要な500万円未満の工事。「材料費」は含まれる?

建設業許可取得するべき請負金額には材料費は含まれるのか?運送費は?消費税は?という疑問に答えます。知らないと法律違反になる可能性も。その他、請負金額には含まれない項目もご紹介。
建設業許可

【建設業許可】他県の工事を請け負う場合は大臣許可が必要?【図解あり】

他県に出て工事をする場合、知事許可ではダメ?という方向けて「知事許可」と「大臣許可」の違いについて図解で解説します。また営業所の定義もご紹介します。
建設業許可

【注意】建設業許可の取得はいつまでに必要?:工事着工日では遅い

建設業許可の取得はいつまでにするべき?という疑問にお答えします。知らないと違反者扱いになり重い罰則を受けることになります。行政書士が分かりやすく解説しています。
建設業許可

【表まとめ】建設業許可の29種類と略号一覧:許可不要の業種も紹介

建設業許可の種類が分からない方向けの記事です。「建築業許可が必要な29業種と略号」と「建築業許可が不要な業種」を一覧表にして解説しています。行政書士の私が国土交通省の建設業課のホームページを参照し作成しています。
建設業許可

【一覧表】建設業許可29種類の業務内容と工事事例:略号についても紹介

建築業許可の種類を調べている人向け。建設業許可が必要な業種は29種類。「建設業許可が必要な業種はどういう工事なのか」「自分がやりたい工事はどの業種にあたるのか」を解説しています。更にはそれぞれの略号についても一覧表にまとめました。
建設業許可

【役所に聞いた】建設業許可無しで500万円以上の工事。契約の分割をしても良い正当な理由とは?

「建築業許可を取得せずに工事をする方法はないのか」「契約書を分割すれば大丈夫だと聞いたことがある」という方向けの記事です。契約の分割は正当な理由があればできます。直接役所に「どの場合は分割しても良いのか」を確認してみました。
建設業許可

【3つの壁】建設業許可を個人事業主が取得するのは難しい:専任技術者について解説します。

建設業許可を取れるか不安な個人事業主向けに記事です。建設業許可を個人事業主が取るには専任技術者の要件を満たすことが最難関です。これから検討される方の為の行政書士の私が専任技術者や確定申告について分かりやすく解説します。
建設業許可

【表で整理】建設業許可申請書はどこの役所に提出する?費用は?複数支店で申請する場合も解説

建設業許可の申請書はどこの役所に提出すればよいの?費用は?複数申請する場合の規定は?行政書士であり建設業許可申請に詳しい私が疑問にお答えします。直観的に確認できるような表も作成しました。
インドネシア人と結婚

【必読】インドネシア人と国際結婚する際に必要な手続きや書類とは?

インドネシア人と国際結婚をする際の手続き方法は特殊です。手続き方法と必要種類についてご紹介しています。国際結婚手続きに詳しい行政書士の私が分かりやすく解説します。
国際結婚

【最新】結婚ビザを取得するには?必要な書類について解説!:必要書類のダウンロードも

「国際結婚の相手と日本で暮らしたい」「結婚ビザの必要書類を調べているが役所のホームページが分かりづらい」そんな方に向けて記事を書きました。この記事では結婚ビザに必要な書類をリスト化しています。また、指定のフォーマットに飛べるリンクも載せています。
国際結婚

【必見】結婚ビザの申請手続きは大変?その理由とは?4つの具体例を紹介します

「結婚ビザを取得して結婚相手と日本で暮らしたい」「結婚ビザの手続きは大変?」「資料提出するだけじゃないの?」という方の為に記事を作成しました。結婚ビザの手続きは大変です。間違えてしまうと思わぬ形で入管から目を付けられてします可能性も。
建設業許可

【千葉/新規許可】建設業許可の取得に必要な書類や作成方法について詳しく解説:フォーマットあり

建設業許可の取得には「どんな資料を作成するのか」「どこで資料を集めるのか」「役所の手引きが分かりずらい」そんな方に向けて記事を書きました。必要な書類一覧をリスト化しました。ご自身で申請する予定の方は必見です。
国際結婚

結婚ビザの在留期間は何年か?:更新手続きの方法もご紹介します。

「結婚ビザに期限何年?」「就労ビザと比べてどうなんだろう」「結婚ビザの期限が間近だけどどうしたらいいのか」そんな方に向けて記事を作成しました。結婚ビザの期間や更新方法について行政書士の私が分かりやすく解説します。
国際結婚

【悲報】国際結婚の手続きにかかる期間はどれくらい?:短縮する方法も

「国際結婚の手続きってどれくらい期間がかかるの?」「何の手続きが大変?」「手続きを楽にする方法があれば知りたい」そんな方に向けて記事を書きました。国際手続きに詳しい行政書士が分かりやすく解説します。
中国人と結婚

【手順】中国人と国際結婚する際に必要な手続きや書類とは?:先にどちらの国で手続きする?

「中国人と結婚する予定がある」「中国人との結婚手続きの手順が分からない」「必要書類も知りたい」そんな方の為に記事を作成しました。先にどちらの国で手続きをするかによって内容が変わりますので、その点も詳しく解説しています。
アメリカ人と結婚

【2022版】アメリカ軍人と国際結婚する際に必要な手続きや書類とは?

「アメリカ軍人との結婚を控えている方、婚約された方」に向けて国際結婚に必要な書類や手続き内容を分かりやすく解説します。アメリカ民間人との結婚手続きとは異なり、必要書類が多いのでご注意ください。
EOM;
タイトルとURLをコピーしました