行政法

スポンサーリンク
行政不服審査法

行政不服審査法36条:審理関係人への質問とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法36条:「審理関係人への質問」がよく分からないへ向けての記事です。 本記事では、「審理関係人への質問について」「試験対策」「過去問を解いて理解度を深める」この3つを解説します。
行政不服審査法

行政不服審査法35条:検証とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法35条:「検証」がよく分からないという方のために書いています。本記事では、「検証とは何か」「試験対策」「過去問を解いて理解度を深める」この3つをお伝えしていきます。
行政不服審査法

行政不服審査法34条:参考人の陳述および鑑定の要求とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法34条:参考人の陳述および鑑定の要求 について詳しく知りたい。という方の記事です。 本記事では、「参考人の陳述および鑑定の要求とは」「試験対策すべきこと」「過去問で理解度を高める」この3つのテーマを解説します
行政不服審査法

行政不服審査法33条:物件の提出要求とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法33条:物件の提出要求がよく分からないなあ〜という方向けに書きました。本記事では、「行政不服審査法33条:物件の提出要求とは」「試験対策」「過去問を解いて理解度を深める」この3つを解説していきます。細かい分野ですが本試験で出ることを想定してチェックしていきましょう。
行政不服審査法

行政不服審査法32条:証拠書類等の提出とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法32条「証拠書類等の提出」の部分がよく分からないという方。 本記事では、「証拠書類等の提出とは何か」「証拠書類等の試験対策」「過去問を解いて理解を深める」この3つを解説していきます。 細かい条文ですので、見落とさないようにしましょう。
行政不服審査法

行政不服審査法30条:反論書・意見書の提出とは【わかりやすく解説】

行政不服審査法30条:反論書・意見書の提出 について詳しく知りたい方向け。 本記事では、「反論書、意見書とは」「反論書、意見書の試験対策」「過去問を解いて理解する」の3つをお伝えします。 不服審査法は難易度の高い分野なのでしっかり理解していきましょう。
行政不服審査法

行政不服審査法29条:弁明書の提出とは【分かりやすく解説】

審査請求の弁明書の流れがイマイチ分かりづらいなあ〜 弁明書と反論書の違いって何だ〜。 というかや必見です。 本記事では、 審査請求書の流れに沿って、「弁明書」の条文を整理、 「弁明書」に関する細かい規定や、弁明書とは何なのかも解説します。
行政不服審査法

行政不服審査法28条:審理手続きの計画的進行【分かりやすく解説】

行政不服審査法28条関連の問題が意味がよくわからない方へ。本記事を読めば、行政不服審査法28条の「気をつけるべき点」と「関連で出る条文」が分かります。一個一個丁寧に分かりやすく解説していきます。最後に例題もあります。
行政不服審査法

行政不服審査法31条:口頭意見陳述とは【分かりやすく解説】

審査請求の審理で、口頭意見陳述を行えるのはどんな時か。口頭陳述するときの規定も分かりづらい。そんな方のために書きました。ややこしい条文が多いですよね。行政不服審査法31条の審理の方式(口頭意見陳述)について分かりやすく解説します。
行政不服審査法

行政不服審査法16条:審査請求の標準審理期間 【分かりやすく解説】

行政不服審査法16条の審査請求の審理期間を「定める場合」と「定めたとき場合」公にするのが義務なのか努力なのかわからなくなってしまう方へ。有効的な覚え方を解説します。また、手続法にも同じ規定があるのでそちらも要チェックです。
行政不服審査法

行政不服審査法13条:審査請求の参加人とは【分かりやすく解説】

審査請求の参加人の規定ってどんなのだったっけ? 審理員の許可って他に何があったっけ?と思っている方へ。 本記事を読むと、審査請求に参加できる全パターンや、「審理員の許可」を得る3パターンが分かります。 「審理の手続き」パートは手続法との比較も多いです。 どっちだっけ?とならないために、審査請求の基礎知識をまとめました
行政不服審査法

行政不服審査法9条:審理員の指名とは【分かりやすく解説】

審理員の指名について理解がまだ出来ていない人、又は、なれない人の規定で手続法(聴聞の主宰者)と混ざってしまう。というに向けて書きました。審査請求の「審理の手続き」パートは、重要! 特に手続法との比較も多いです。 あれ、どっちだっけ?‥ とならないために、審査請求の基礎知識編として4記事にまとめました。
行政不服審査法

行政不服審査法19条:審査請求の方法とは【口頭?書面?分かりやすく解説】

【注意】行政不服審査法(19条)の審査請求は書面か口頭か?分からなくなる人のために書きました。審査請求の手続きと審理中の話は違うことを知っていますか?知らないとずっと勘違いしたまま間違えますよ。
行政不服審査法

行政不服審査法18条:審査請求期間を分かりやすく解説【事訴法との比較あり】

不服審査法の審査請求期間が分からない方へ。処分や不作為の場合の審査請求期間。その他、「翌日」の表記まで覚えるべきか?や、請求期間の「事件訴訟法との比較」も表にまとめました。例題もあるのでやってみてください。
行政不服審査法

【画像で解説】審査請求人は誰なのか?不服審査法【総代と代理人の違いも】

不服審査法の「審査請求は誰がするのか」のパートの正答率はいかがですか? 処分や不作為のとき、審査請求人は誰なのか。総代や代理人って何の権限があるんだっけ??即答できるくらいにしておくことが大切です。この記事では、審査請求人に関しての条文解説を画像とともに行います。
行政不服審査法

【表で整理】(不服審査法4条)審査請求をすべき行政庁【分かりやすく解説】

審査請求の相手方が混乱してしまう方へ。結構ややこしいパートなので苦手な人多いです。意外と他の人と理解度に差が出るポイントかもしれません。この記事では、実際の状況に例えながら分かりやすく整理していきます。
行政不服審査法

【簡単にまとめました】審査請求の対象と適用除外(7条)【本試験対策も】

審査請求の対象が何か分からない。適用除外が手続法と混ざる‥。そんな方のための記事です。表を使って分かりやすくまとめました。さらに一般概括主義や列挙主義の意味も記載しています。例題もあるので理解度をチェックしてアウトプットしてみましょう。
行政不服審査法

【裏ワザ公開】不服審査法の目的条文はゲーム感覚で解く【瞬殺理解】

不服審査法の目的条文でよく間違える人は必見です。こんな悩みはありませんか?①選択肢がどれもそれっぽいこと書いていて見分けがつかない。②違法と不当、何が対象だったかすぐ忘れてしまう。そんな方のために、一瞬で問題が解ける裏技を公開します。ここでつまづいている時間はないはず。即クリアにしておきましょう。
行政手続法

【新発見!語呂合わせ】地方公共団体が行う手続きの適用除外/手続法3条3項【簡単な3つの覚え方】

地方公共団体の適用除外の問題(3条3項)でよく間違える。理解できてきたけど、本質までわかっていないような気がする。そんな方の為に記事を書きました。新たな語呂合わせや、簡単な解法テクニックを紹介します。ひっかけ問題も多いので要注意ですね。
行政手続法

【簡単】適用除外になる理由 / 行政手続法3条1項【重要項目あり】

行政手続法の適用時外が覚えられない方。イマイチ理解してない方。適用除外は暗記不要です。適用除外の理由が分かれば全て解けるといっても過言ではありません。それだけで腹落ち度はかなり上がります。そんな方のために記事を書きました。
行政手続法

【意見公募は必要?】行政指導指針とは【中止や処分等の求めも解説】

手薄になりがちな「行政指導指針」「中止の求め、処分等の求め」を徹底解説。事例で分かりやすく簡単に説明しています。
行政手続法

【事例で簡単に解説】行政指導とは【従わない場合の規定も】

行政指導の概要や従わなかった場合を事例を使って、簡単に分かりやすく解説していきます。
行政手続法

【意外と簡単】意見公募手続

意見公募手続きは単純な問題が多いです。ただし、単純な問題ほど小さなひっかけがあります。ここで間違えてはもったいないですよ。細かく条文をチェックしていくと間違えが減っていきますよ。
行政手続法

【表で比較】弁明の機会の付与

聴聞との比較問題対策。通知方法から準用の可否まで分かりやすく徹底解説。独自の試験対策問題もあり。頻出でないと見逃していると足元すくわれるポイントがあります。
行政手続法

【完全マニュアル】
聴聞

落とせない一問!手続法の最重要テーマである聴聞を徹底解説していきます。理解から試験対策までを時系列の図と共に解説。
行政手続法

【手続法2条/12条~14条】
不利益処分 通則【ひっかけ対策あり】

当パートを間違える人が続出しています。簡単な条文に潜んだひっかけポイントを徹底解説。
行政手続法

【行政手続法5条〜11条】
申請に対する処分【腹落ち解説】

腹落ち方法を公開中。手続法のスタート部分!ここでつまずくと先が思いやられますよね。早めにスッキリさせておきましょう。
行政手続法

【行政手続法1条】総則・目的等【瞬殺テクニックを公開】

目的条文問題を一瞬で解けるようになるテクニックを公開。瞬殺です。
スポンサーリンク
EOM;
タイトルとURLをコピーしました