【完全初心者向け】行政書士試験の勉強の始め方【9ヶ月で合格できる】

行政書士とは

 

「これから行政書士試験に向けて、学習を始めたい」

「勉強を始めたいけど、何から手をつけていいか分からないなあ‥」

「最初どういった手順を踏むべきなのか‥」

 

この記事は、サラリーマンをしながら行政書士試験に合格した私が、
これから行政書士試験の勉強を始めるにあたって「頑張りたいけど、何から始めていいか分からない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで「試験勉強に向けて、何を準備して、具体的にどうしたらいいのか」をイメージできると思います。

以下のテーマに沿って解説

1.目標設定:試験の日程を知る
2.学習準備:最初に買うべきもの
3.基礎理解:そもそも行政書士ってどんな仕事?
4.実践練習:正しい学習方法

 

「会社に勤めてるだけじゃ嫌だなあ‥」と思っていた僕でしたが、行政書士資格を取ってだいぶ人生が変わりました。
僕の場合は副業で開業し、自由に使えるお金が割と増えました。

お金って大事じゃないですか。月に5万円増えただけでも生活が変わりますからね。
これを見ているあなたも、何かしらの明るい未来を想像していると思います。
その力になれれば嬉しいです。

では、早速見ていきましょう。

①目標設定:試験の日程を知る

行政書士の試験日は、11月の2週目の日曜日
令和3年の試験日は、1114日です。
»参考:行政書士試験の日程と合格基準点

この日から逆算して、学習をしていきます。
ネット見ていると「3ヶ月で合格しました!」とか「6ヶ月で合格しました!」といった記事をよく見ます。

実際にそういう人はたくさんいますが、それをあなたに置き換えるのは、あまりおすすめしません。

もちろん、最速で取得することが一番ですが、余裕を持ったスケジュールを組む方が安全です。
具体的には、法律初学者でも、9ヶ月あれば合格できる可能性は大いにあります。

合格者の特徴として、ちゃんとした学習法を積み重ねた人は、ほぼほぼ受かっていて、
「地頭が良い」とか「時間に余裕が」とか、そういったことではないですね。

②学習の準備:最初に買うべきもの

最初の準備は、独学の場合でも、大した準備は必要ありません。

1. 行政法のテキスト
2. 行政法の過去問

まずは、これだけでOKです。
逆に、あれもこれも買うと、何を勉強しているのか分からなくなります‥

テキストや過去問選びのコツは?

テキスト選びはかなり重要です。

1. テキストと過去問が連動しているもの
2. テキストの読みやすさ

この2つは重要かなと。

書店に出ているものは、どれも資格の学校が出版している場合が多いので、あまりハズレもなく、どれを買っても内容はそこまで変わりません。
ただ、レイアウト配色とかで、読みやすさが全然違ってくるので、そういったところをメインに選んでいくのがオススメです。

 

また、テキストと過去問の連動も結構大事で、

例えば‥

テキスト→P1
過去問 →P100

この場合だと、過去問で間違えた箇所をテキストで確認するときに時間が掛り、非効率です。
細かいようですが、参考書は長いこと向き合う相方のようなものなので、こういった使いやすさがとても大切になります。

どちらにしても、事前準備にお金を掛ける必要はありません。
形から入りたいタイプの人は、ちょっと注意しましょう。お金がムダになるかも。
少額で始めて、その後に参考書を何冊か買った方がいいです。

③基礎知識:そもそも行政書士ってどんな仕事?

行政書士の仕事をざっくり解説すると、「国民が国に提出する書類にお手伝い」みたいなイメージです。

例えば‥
  • 建築業の社長から「あそこの土地を工事したいから、建築許可を取ってきて欲しい」
  • タクシー業の人から「10台の車を買い換えるから、車庫証明を取ってきて欲しい」

とかです。
種類は無数にあって10,000種類以上あります。

また、行政書士の仕事は独占業務なので、資格保持者以外が参入できない分、需要は大きく、月に200万や300万稼ぐ人も結構います。
時代に左右される仕事ではないので、資格さえ取れれば、未来はかなり明るいです。

行政書士の仕事に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
»参考:行政書士ってなに?

よくある質問:試験ではどの科目が重要ですか?

これは必ず知っておきましょう。

✔︎ 行政法
✔︎ 民法

この科目を完璧にすれば合格できると言っても、過言ではないくらい重要なのが、この2科目。

配点的には「行政法」が一番が大きく、次に民法。
難易度としては、行政法よりも民法の方が難しいかなと思います。
これは、好みもあると思いますが‥

よくある質問②:宅建で民法を勉強したのですが、活用できますか?

むしろ、宅建の勉強をしたことある人は、行政書士試験を挑戦するべきです。
宅建で得た知識を忘れないうちに、行政書士試験に生かすのはセンス◎だと思います。

挑戦するか迷う人は、まずは1冊買ってみるのもOK

試験を受けるかまだ迷っている人は
テキストではなく、もっと初歩的な本を買ってみるのも良いでしょう。

何を買うかは、直感的に選んでOKで、
ちなみに僕は「法律を読む技術・学ぶ技術」という本を買いました。

感想は「オェ〜。むず〜!」って感じでした‥
法律の勉強を甘くみて取り掛かるより、それなりの覚悟ができたという意味では良かったかなと思います。

メルカリとかで、中古を買うので十分です。

④本格始動:正しい学習方法を知ろう

実際に、試験を受けると決められた方は、以下の方法で学習するのをオススメします。

1. テキストの素読
2. 過去問で演習
この繰り返しです。
通学にしろ、独学にしろ、やるべき作業は一緒。
この繰り返しが、かなり大事です。
というより、これさえやっていけば合格できます。

もう少し詳しく解説すると、

・学習したいページをまずは1周読んでみる
・2週目は、テキストを見ながら過去問を解いてみる
・3週目を読んで、過去問を解いてみる

これの繰り返しです。

最初のうちは、過去問よりも、テキストを読み込むのがオススメです。
分からないところは、ググったりYouTube見たりするのも良いですね。
行政書士はニーズが高いので、ネットに有益な情報が結構出ています。

よくある質問:資格の学校ってどうなの?

資格の学校も増えていますが、結論として「独学で無理そうなら、活用するべかな」と思います。
事実として、別に学校に行かなくても合格できます。

じゃあ、学校に通うメリットは何かというと

・モチベーションを維持しやすい点
・学習効率が上がる点

もちろん学校を活用するのはオススメです。講師の教えは眼からウロコ級に分かりやすいです。
とはいえ、結局勉強するのは「学習する本人」なので、「絶対に頑張ってやるぜ」という気持ちがあれば、別に学校は不要ですね。
なお、おすすめスクールは「無料あり:行政書士の僕がおすすめする資格の学校3社」にまとめていまして、無料プランとかも多いので、独学とも検討しつつがいいかなと思います。

勉強法が決まったらあとは走るだけ

独学だろうが、学校だろうが、目的は「合格すること」

繰り返し学び、一歩ずつ進んでいくだけ。
一歩ずつと言いましたが、一歩進むのにも、結構時間がかかります。
半歩ずつと言ったところでしょうか。
地道な努力をした者だけが「合格」できます。

合格した未来は明るいですよ。

この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政書士とは
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました