【もう迷わない】30代でも遅くない?行政書士を目指す方法【未経験でも大丈夫】

行政書士とは
悩めるおじさん
悩めるおじさん
  • 30代だけど、今から行政書士を目指しても遅くないだろうか
  • 家族のためにも安定した収入を得ないといけないから、起業自体に不安もある
  • でも、サラリーマン生活から脱却したい!自由な時間に働いて収入を増やしたい。

 

 

 

そんな悩みに答えます。

 

30代になった今、これから行政書士の勉強を始めるのは少し不安ですよね

 

  • 今から勉強して試験に合格できるのか
  • 本業もあるから勉強時間が取れないかもしれない
  • 行政書士として起業して食っていけるのか

 

年齢と共に増える起業に対する「欲」や「焦り」

 

僕自身、試験勉強を始めたのは30代でした。
なぜもっと早くこの目標に気付けなかったのか、学生時代もっと勉強しておけば良かった
と色々と後悔をしました。

しかも、30代になると職場での任される仕事や責任が大きくなったり、中間管理職になって仕事量が増えたりして、なかなか身動きが取りづらかったです。

しかも、家族ができてからは収入に対しての不安
子供ができてからは、余計にでした。
学費や生活費、塾や習い事のお金‥一体いくらかかるのか‥

 

その反面、もっと稼ぎがあればもう少し楽しい生活になる。
月収であと10万増えれば人生は変わりそう。

といった「野望」や「欲」
‥いや、妄想(笑)を描いたり。

このまま今の会社にいても10年後の給料はだいたい検討はつきますし、年齢を重ねると余計に会社から動きづらくなる

そう思い、僕は決断しました。
もし同じような境遇の人がいれば背中を押してあげたいです。

 

 

本記事の内容
  • 30代から行政書士を目指すべきか
  • その場合の合格までの最短距離
  • 学費を抑える方法

この記事では、以上のことを僕の経験と共にお伝えしていきます。

 

✔︎この記事を信頼性

この記事を書いている僕は、サラリーマンとして働きながら2年間予備校で行政書士の勉強をして合格。
学生時代も野球一筋で、あまり勉強はしてこなかったです。

今は30代半ばで、サラリーマンをしながら行政書士事務所を立ち上げて副業として収入を得ています。

行政書士への知識を、昔の自分でも分かるように素人目線で解説していきます。

 

30代から行政書士を目指すのは遅いのか

30代になってから行政書士を目指すのは遅くありません。そして、目指すべきです。

これは胸を張って言えます。
あなたが本当にやる気があるのであれば1日でも早く目標に向かうべきです。
30代のあなたなら薄々は気付いているはず。若い方が頭が柔軟だということを。

思い立ったが吉日です。

なぜ目指すべきかもお伝えします。

 

行政書士業界はかなりの高齢な業界

日本は超高齢化ですが、行政書士の業界のその時代に乗っています(笑)

あなたが30代なのであれば若いだけで差別化にもなりますし、ビジネスチャンスはかなり上がります。
30代でなくても、60代70代の世代がバリバリ現役でやっているのですから目指して行く価値はあります。

正直、やり方次第ではブルーオーシャン。
行政書士は食えないといった記事や証言があるのであれば、その人が食えてないだけです。

少なくとも僕は行政書士になって人生が変わりました。

 

ちなみに、行政書士試験を受けている年代は30代と40代で、50%以上を占めていて、
30代の合格者もそれに比例するように毎年増えていっています。

勉強が間に合うかな?と思う人もいるかと思いますが、30代で目指す人がほとんどなのでご安心ください。

サラリーマンとの副業も可能

実際に行政書士を副業、兼業としてしている方も多いです。

理由としては、あまり開業リスクがないからです。
行政書士の開業には大きな費用はかかりません。
飲食店などの開業費用みたいなものは無く、資格さえあれば気軽に自宅でも開業出来てしまいます。

本業をしながら、少しずつお客さんを集めていけばいいのです。
それが行政書士を目指す大きな利点です。

 

それに、「会社を辞めて、いきなり行政書士として開業」するのは結構リスキーな選択だなと思います。
開業をギャンブルにしてはいけない。僕はそう思います。30代以降なら特に。

まずは、副業行政書士として月10万を目指していく選択もいいかもしれません。
その中で軌道にのってきたら、行政書士を本業にすれば良いのです。

僕も現在、副業行政書士として本業以外で副収入を得ています。

 

法律未経験者なら予備校は必須

稼ぎ方は様々だとして、まずは資格を取らないと話は進みません。

資格の勉強方法は大きく3つ

  1. 予備校(通学)
  2. 予備校(通信)
  3. 独学

 

それぞれ特色がありますが、
結論として、30代から勉強を始めるなら予備校の受講(1or2)を強くオススメします。

 

なぜなら、予備校は資格を取得させるプロの集まりです。間違いなく最短距離で合格に向かうことができるからです。

法律素人の僕でも理解のしやすいように、あらゆる工夫をしながら教えてくれました。

 

もちろん独学でもいいですが、当然予備校よりも時間と努力が必要になります。
特に、働きながらの独学であれば3〜5年はみておいた方がいいかもです。

 

結局は「時間を取るか、お金を取るか」だと思います。

 

通信/通学/独学のそれぞれのメリットとデメリットをまとめた記事を書きに張っておきます。

 

予備校の費用

ちなみに、大手の予備校の費用は大体一緒で

  • 通学で20万円前後
  • 通信で15万前後

が相場です。
通信の方が設備代がかからない分、安いですね。

未経験者でも通信学習で十分

私は、1年目は通学(不合格)→2年目は通信(合格)で学習していきました。

結論としては、1年目から通信でも良かったかなと思っています。

なぜなら、

  • 通信は、通学生が受けている講座の録画を見れるのでクオリティは同等だった
  • 通学だと<2時間半の講座+通学時間>が必須なのに対して、通信は、好きな時間に1授業を区切りながら見れるので仕事が忙しい人には通信が向いている

 

と感じました。これは通信ならではのメリットでした。

反対に通信のデメリットは、

  • 講師への質問ができない
  • スケジュール管理が自分次第(やる気無くなったら終わり)

 

って感じです。
ただし、今はどこの予備校も講師にメールで質問ができますし、スケジュールが自分次第というのはメリットでもあるので実際に感じるデメリットは少ないかもしれないです。

 

僕の通信学習した感想は、

  • スマホだけで学習ができて効率的にかなり良かった
  • 内容は通学と一緒だったのでコスパ最強!

といったところです。
サボらずやる!と決めた方は通信がベストだと思います。

 

※更新情報(2021年1月13日):全額返金制度のある通信講座あります
フォーサイトのバリューセット3というコースなら全額返金制度があるという情報をいただきました。カリキュラムを見る限りだと、法律のホの字から本試験対策までみっちり学べる初心者向けもコースのようです。
短時間で費用リスクの無く学びたい人は良いと思います。
>>フォーサイトのバリューセット3はこちら

学習費用を抑える方法あり

通信学習にせよ、決して安くない費用がかかります。
安く見積もって10万円だとしても、かなり痛いですよね。
ここでは少しでも学費を抑える方法をお伝えします。

 

学費の20%がハローワークから給付される
『教育訓練給付制度』

教育訓練給付制度とは、
条件を満たした方が、厚生労働大臣が指定する講座を受講し、修了した際に、
修了までに支払った学費の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付される制度です。

20%って凄くないですか?これは国から給付されるお金です。

※各予備校や講座によっては対象外もありますのでお気をつけ下さい。

 

ちなみにさっき貼ったリンクのフォーサイトのバリューセット3は給付金の対象でした。

どれくらいの給付が受けられるかというと

今はキャンペーンで元々の受講費が、
142,800円 → 88,800円になってますので
その20%(17,600円)がハローワークから返ってきます。

そうなると、
実質70,400円(返金制度あり)

 

この価格でフォーサイトの通信カリキュラムが受けられます。
フォーサイトのサイト内のカリキュラム内容の画像を貼っておきます。

 

 

私の経験上、この価格でこのカリキュラムはなかなか無いのでかなりお得です。

キャンペーン期間の記載はなく、予告なしに終了します。もし、今キャンペーン中ならあなたはラッキーです。
旅行会社の「早特」みたいなモノで、早い時期のキャンペーンの方が安い傾向にあります。

※上記画像は2021年1月現在の画像です
※今がキャンペーン対象期間かどうかは上記画像をクリックして確認ください

リスク無く、賢くがベストですよ。

 

費用を抑える方法のまとめ
  • ハローワークの教育訓練給付制度が対象のコースを選ぶ
  • キャンペーンがあればその時期を見逃さない

 

まとめ

  • 30代未経験でも行政書士は目指せる(むしろこの世代が多い)
  • 忙しいなら予備校の通信学習が効率的
  • 「国からの給付金」と「予備校のキャンペーン」を組み合わせて費用を抑える

 

 

僕は行政書士を目指して人生が変わりました。
なんでもボーダーレスの時代ですから、脱サラしていい生活を目指していきましょう。

この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政書士とは
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました