行政不服審査法30条:反論書・意見書の提出とは【わかりやすく解説】

行政不服審査法

「反論書・意見書の流れが、よく分からない‥」

「弁明書と混ざってよく間違える‥」

この記事は、行政書士の僕が書いており、「行政不服審査法30条:反論書・意見書の提出」について、図も交えながら、わかりやすく解説していこうと思います。

✔︎ この記事で分かること
1. 反論書・意見書とは
2. 反論書・意見書の違い
3. 反論書・意見書の流れ
4. 試験で出やすいところ

行政不服審査法30条:反論書・意見書の提出とは【わかりやすく解説】

反論書とは

審査請求人が、弁明書の内容に対する反論を、記載する書面のこと

意見書とは

参加人が、弁明書の内容に対する反論を、記載する書面のこと

反論書と意見書の違い

「誰がやるか」の違いです。

・反論書 → 審査請求人
・意見書 → 参加人
 

1審査請求人は、送付された弁明書に記載された事項に対する反論を記載した書面(反論書)を提出することができる
2 また、参加人は、審査請求に係る事件に関する意見を記載した書面(意見書)を提出することができる審理員が、反論書・意見書を提出すべき相当の期間を定めたときは、その期間内に提出しなければなりません。

反論書・意見書の提出の流れ

④審査請求人側が、処分庁等から提出された弁明書に対して、「その弁明おかしい!」と反論書・意見書を、審理員に提出

⑤それを受けた審理員は、提出された反論書・弁明書を処分庁に送付します。

試験対策:反論書・意見書は「任意」

試験では、「しなければならない」と、ひっかけてくることが多いです。

反論書・意見書の提出は「任意」
条文の文末を見ると、「することができる」となっています。
 
審理によっては、審査請求人が、これ以上反論しても、意味がない場合もあります。
例えば、審査請求人側が、負けを認めるケース。
反論がなければ、訴えを終わりにすればいいという考え方から、反論書や意見書の提出は、任意となりました。

過去問:Try it!

Q.審査請求人は、審理員から反論書に提出を求められたときは、これを提出しなければならない
×
審査請求人は、反論書を提出することが「できる」よって「しなければならない」は誤りである
Q.審査請求人は、処分庁が提出した反論書に記載された事項について、弁明書を提出することができる
×
処分庁等の「弁明書」について「反論書」を提出します。
本問題は、逆なので誤りです。

1審査請求人は、送付された弁明書に記載された事項に対する反論を記載した書面(反論書)を提出することができる
2 また、参加人は、審査請求に係る事件に関する意見を記載した書面(意見書)を提出することができる審理員が、反論書・意見書を提出すべき相当の期間を定めたときは、その期間内に提出しなければなりません。

 

この記事を書いた人
サカイ

行政書士事務所の代表。
得意業務は国際関係や建設業の手続きのサポート。
ブログ内では、行政との手続きに関わる情報を難しい法律用語を一切使うことなく「シンプルに分かりやすく」をモットーに解説していきます。
ご質問や申請書類のサポートご依頼随時受付しております。

愛する2人の子どもの為に日々奮闘中!

サカイをフォローする
行政不服審査法 行政法
サカイをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました