【必読】インドネシア人と国際結婚する際に必要な手続きや書類とは?

インドネシア人と結婚

こんにちは。行政書士のサカイです。

海外の方々との交流が盛んになった現代では、国際結婚を考える方も増えてきています。

しかし、国際結婚は国ごとに必要な手続きや書類なども変わってくるため、相手の方との結婚手続きをどう進めればいいのか分からず困ってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、インドネシア人の方と国際結婚する際に必要となる手続きや書類について解説していきたいと思います。

この記事は、行政書士であり国際結婚手続きに詳しい私が「シンプルに分かりやすく」をモットーに作成しています。

インドネシア人との国際結婚に必要な手続きと書類

インドネシア人の方との国際結婚をする場合は、以下の書類を揃えて提出する必要があります。

インドネシア人との国際結婚は

  • 先に日本で手続きをする「日本方式」
  • 先にインドネシアで手続きをする「インドネシア方式」

がありますので、それぞれについてご紹介していきます。

1:日本方式の国際結婚で提出する書類

日本方式でインドネシア人と国際結婚する際に必要となる書類は以下の通りです。

<日本人の方が準備する書類>

  1. 婚姻届
  2. 本人確認資料
  3. 戸籍謄本

<インドネシア人の方が準備する書類>

  1. 婚姻要件具備証明書こんいんようけんぐびしょうめいしょ
  2. パスポート

日本方式で結婚する場合、婚姻届は通常の日本人同士で結婚する際に使用するもので問題ありません。各自治体窓口で配布されていますので入手しましょう。

本人確認資料は運転免許やパスポートなどを用意すればいいので、特別な資料などは必要ありません。

戸籍謄本は本籍地以外の場所に婚姻届を提出する場合に必要となります。本籍地で婚姻届を出す場合は用意する必要がないので注意しましょう。

次にインドネシア人の方が用意する書類についてです。

婚姻要件具備証明書というのは、簡単に説明すれば「外国人が自分の国の法律で結婚出来ることを証明する書類」のことです。

こちらは東京にある駐日インドネシア共和国大使館か、大阪にある在大阪インドネシア共和国総領事館で入手することが出来ます。

また、本人確認資料としてパスポートも必要となるので忘れずに準備しておきましょう。

2:インドネシア方式の国際結婚で提出する書類

インドネシア方式でインドネシア人と国際結婚する際に必要となる書類は以下の通りです。

<日本人の方が準備する書類>

  1. 戸籍謄本
  2. パスポートの写し
  3. 婚姻届

<インドネシア人の方が準備する書類>

  1. 身分証明書

婚姻要件具備証明書を入手するのに必要な書類とは?

先にご紹介した必要書類の中の1つである婚姻要件具備証明書ですが、こちらはただ大使館・総領事館に申請すればもらえるというわけではなく、発行するために必要書類を揃える必要があります。

婚姻要件具備証明書を発行する上で必要となる書類は

<日本人側>

  1. 戸籍謄本
  2. 住民票
  3. 独身証明書
  4. 離婚届受理証明書 (離婚歴がある場合のみ)
  5. 両親又は家族の同意書 (婚姻履歴がある方は不要)
  6. パスポートのコピー
  7. 顔写真1枚(4cm×3cm,白背景のもの)

<インドネシア人側>

  1. 独身証明書 (婚姻履歴がある場合は離婚証明書か死亡証明書のコピーが必要)
  2. 出生証明書
  3. 家族登録簿
  4. 系統証明書
  5. 両親証明書
  6. 両親又は家族の同意書(6000ルピアの収入印紙貼付済みのもの)
  7. IDカード(KTP)または在留カード (短期滞在ビザの方は上陸許可の証印ページを提示)
  8. パスポートのコピー
  9. 顔写真1枚(4cm×3cm,白背景のもの)

となっています。しっかりと準備しておくようにしましょう。

宗教に合わせた儀式を行う必要がある

インドネシア人の方との国際結婚で、先にインドネシア側から結婚手続きを行う際に特徴的なのが、宗教に合わせた婚姻の儀式を行う必要があるという点です。

インドネシアでは

  • イスラム教
  • ヒンズー教
  • 仏教
  • カトリック
  • プロテスタント

という5つの宗教が主流となっています。

イスラム方式の婚姻をする場合は居住地の宗教事務所(K.U.A)で婚姻手続きをし、儀式を行う必要があります。

また、非イスラム方式の婚姻の場合は居住地の民事登録事務所(Kantor Catatan Sipil)で婚姻手続きを行う必要があるので気をつけましょう。

また、K.U.AとKantor Catatan Sipil、それぞれ各事務所で必要となる書類は異なりますが、基本的には

  1. 婚姻要件具備証明書
  2. インドネシア人配偶者の国籍及び氏名を立証する公的書類
  3. 夫婦2人のパスポート

この3つは必要になるので用意しておきましょう。(詳細な書類については手続きを行う各事務所に直接確認を取るのが確実です。)

各事務所で婚姻手続きと儀式を済ませることで婚姻証明書を発行してもらうことが出来ます。

まとめ

今回はインドネシア人と国際結婚する際に必要になる手続き・書類について解説させていただきました。

インドネシア人配偶者と国際結婚する場合は、宗教に合わせた婚姻の儀式を行わなくてはならないというのがポイントです。どういう方式で婚姻の儀式を行うか、相手とよく話し合って決定するようにしましょう。

また、日本で先に手続きをする場合はインドネシアで先に手続きをするよりも楽に結婚手続きを済ませることが出来るので、場合によってはインドネシア人配偶者の方に一時的に日本に来てもらうというのも有効です。

この記事を書いた人
サカイ

行政書士事務所の代表。
得意業務は国際関係や建設業の手続きのサポート。
ブログ内では、行政との手続きに関わる情報を難しい法律用語を一切使うことなく「シンプルに分かりやすく」をモットーに解説していきます。
ご質問や申請書類のサポートご依頼随時受付しております。

愛する2人の子どもの為に日々奮闘中!

サカイをフォローする
インドネシア人と結婚 国際結婚
サカイをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました