【実体験】
失敗から学んだ正しい過去問の使い方【2回目の本試験の感想も】

勉強法

 

悩めるおじさん
悩めるおじさん

実際に行政書士試験を受けた人の感想を聞いてみたい。
勉強は大変って聞いたけど、効率良い勉強法があれば詳しく知りたい。

 

一応、過去問中心に学習してるんだけどこれであってるのかなあ?

 

 

そんな悩みに答えます。

 

本記事の内容

・2年目の本試験の感想

・1年目と2年目で変えた勉強法
・失敗から学んだ過去問の本当の使い方
・勉強に必要な信念

 

昨今、SNS等を駆使していけば試験の概要を掴んでいけると思いますが、
実際に受験者に話を聞いたりすることは、知り合いに受験者がいない限りはほぼ不可能に近いですよね。

ここでは、私が実際に受験した話(PART2)をお伝えしていきます。

 

PART1はこちら

 

【受験レポ】2回目の受験で感じた事

前回の記事では1回目の受験で撃沈した話を書きました。
今回は2回目(リベンジマッチ)の受験で何を感じたかをお伝えします。

緊張は1回目より増えていた

 

センチメンタルと言えばそれまでなんでしょうけど。
やっぱり積み重ねてきたモノが色々あったんです(笑)
周りからの見えないプレッシャーも勝手に感じますしね。

あとは、勉強すればするほど緊張するんですよね。

 

試験は思っていたより簡単に感じた

試験が始まれば、最初の緊張はどこに‥と思うほど結構スラスラ解けました。
前回は、試験中に白旗を挙げていた私とは裏腹に。

 

さすがに受かる確証まではなかったが、分かる!分かるぞ〜!と心が言っていました。

 

Atsushi
Atsushi

テンション爆あがり

もちろん試験内容が簡単だったわけではなくて、簡単に感じる事が出来たのです。

 

 

明確に変更した勉強法

 

結局のところ、前回と今回とで何がここまで結果を変えたのか。
勉強時間は前回の方が多かったかもしれません。

 

前回は、暗闇の中を刀一本だけで持ってずっと振り回してた感じ(?)でした。

今回は、明確な勉強法を持って勉強しました。懐中電灯をゲットした感じ(?)

 

 

では、具体的に何をしたのか。

 

テキストをひたすら読み込んだ

主に変更したのは、これだけです。

 

Atsushi
Atsushi

それだけ?と思った方もいるかもしれませんが本当です。

 

家でゴロゴロしながら…
電車に乗りながら…
時間が出来たら…

テキストを開く
それを習慣化しました。

 

この方法を取り入れただけで
過去問や問題集を解き続けるより、
確実に条文が覚えられ、得点力が上がりました。

 

テキスト読むだけなら超簡単じゃん

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

そうです。超簡単なんです。おかげで労力はかなり減りました。
ただ、この作業の最大の敵は眠気と飽きです。

 

 

テキストだって1冊100~200はページあるわけですし、1冊しかないってこともないでしょうから実際に1周読み切るのには案外時間がかかります。

 

Atsushi
Atsushi

想像より苦痛です…(笑)

 

ただこの地味な作業が確実な結果を生みました

 

テキストの文字が頭に浮かんできたら覚えた証

これ結構感動するんですけど
ある程度の期間読み続けていくと、問題中にふとこういう事が起こります。

テキスト読み特有の分かりやすい成果です

 

Atsushi
Atsushi

この現象は必ず起きます。
誰にでも。

特に、行政法と民法
この2教科は「テキスト読みの繰り返し」で必ず成果が出ます。

 

得点力を上げる詳しい勉強法は、別記事にて詳しく説明しています。

過去問の使い方を変えた

まず最初に伝えたいのは、過去問や問題集は、

知識を学習するものではなく、解き方を学習するもの。

というのが大前提です。

 

テキストとの具体的な使い方の違い    

条文を頭に入れるのがテキスト
条文の理解を深めるのが過去問

この住み分けは必ずしてください。

 

スポーツで言ったら、
テキスト読みが練習過去問が練習試合みたいな感じです。

 

それをしっかり理解した上で、用途に合わせた学習をしていくことで無駄のない効率的な学習をすることが出来ます。

過去問中心の勉強法はNG

私がしていたミスは、これです。

復習は過去問が中心
⇅
分からなければテキストで確認

これの繰り返しを行っていました。

 

Atsushi
Atsushi

練習試合ばっかりやってても上達しないですよね。

なぜこの方式で勉強していたかというと、
あらゆる方面から「過去問が繰り返し出題される」と聞いていたからです。みなさんもどこかで聞いたかもしれません。

その言葉自体は間違ってはいないのですが、その言葉の解釈を間違えていたのです。

 

「過去問が繰り返し出題される」の意味

従来は、過去問演習だけで合格できると言われていましたが、現在の出題傾向はそれだけでは合格できません。

 

現在の出題傾向は、
類似問題を出題するのではなく、似たような事項と入れ替えて出題する。

と言うことです。

具体的には、
事例を変えたり、質問の角度を変えてきたりしてきます。

よって、過去に問われたパターンを丸暗記したところで本試験では役に立ちません。

しかし、応用に応用を適用したような基本から外れている問題が出るわけでもありませんので、
先ほどお伝えした基本条文の学習を中心にしていけば良いのです。

 

復習はテキストの読み込みが中心
⇅
定期的に過去問でアウトプットしてみる

この繰り返しに変えていきましょう。

 

過去問を解く時は、
何が出たのかではなくどのように問われたのか。
または、問題製作者の気持ちになって何の知識を確認させたいのか。

を意識して解いていきましょう。

 

Atsushi
Atsushi

私は、テキスト7割/過去問3割に変えました。

 

この言葉だけは忘れないで

テキスト読みや過去問の繰り返しで得た知識は、まさに努力の賜物です。
しかし何度も何度も繰り返す行為は、皆さんの心を折ることもあるでしょう。

そんな時、ちょっとした言葉が支えになったりします。
エールを込めて一言だけ

 

”条文は裏切らない”という信念を持つ

 

私がこの一年常に頭の中で掲げていたことです。

本試験で答えに迷った時、最後に頼りになるのは条文の記憶です。

 

繰り返すことは大変だけど頑張りましょう。
繰り返しの数は記憶のレベルに比例します。

 

 

Atsushi
Atsushi

苦しくなってきたら、この言葉を思い出してね。

 

まとめ

 

本記事のまとめ

・勉強した人ほど試験は緊張する

・過去問よりもテキスト学習に専念せよ
・テキストと過去問の住み分け
・条文は裏切らないという信念を持つ

この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
勉強法 基本学習
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました