【悲報】国際結婚の手続きにかかる期間はどれくらい?:短縮する方法も

国際結婚

こんにちは。行政書士のサカイです。

最近は、国際交流も盛んになり外国人と結婚する方が増えてきました。

しかし、ここで問題になるのは国際結婚の手続きについてですよね。国際結婚は日本人同士の結婚とは異なり、手続きが複雑で期間も長くかかってしまうことがよくあります。

そこで今回は、国際結婚の手続きにかかる期間について解説していきたいと思います。何の手続きに時間がかかるのか。また時間をかけず楽に手続きする方法もあるのかについても解説します。

国際結婚の手続きに時間がかかる理由とは?

まずは国際結婚の手続きに何故時間がかかってしまうのか?その理由についてご紹介していきます。

時間がかかる最大の理由は、必要書類の収集です。

日本人同士の結婚の場合は役所に婚姻届などの書類を提出し、それが受理されれば結婚が成立します。

国際結婚の場合でも、日本で手続きをするなら上記の手順ですぐに結婚手続きを済ませることができ、婚姻届受理証明書を発行してもらうことが可能です。(相手の国の法律にもよる)

しかし、外国人配偶者が日本国内ではなく海外にいる場合などは、手続きに長い期間が必要になることもよくあります。

国際結婚特有な書類「婚姻要件具備証明書」

国際結婚するには役所に婚姻要件具備証明書こんいんようけんぐびしょうめいしょという書類を提出しなくてはいけません。この書類を収集するのに時間を要することが多いです。

この婚姻要件具備証明書というのは、その人が自分の国での結婚の条件(独身である、結婚可能な年齢に達しているなど)を満たしているということを証明する書類です。日本では大使館や領事館で入手できます。

しかし、海外では婚姻要件具備証明書に該当する書面がない場合があります。

そうした場合は、代替書面となる独身証明書などを用意する必要がありますが、独身証明書はその人が独身であるということしか証明してくれません。そのため「法律上、結婚可能なのか?」というのが書かれていないので、役所もすぐに受理することが出来ないのです。

そうした場合、役所は法務局に「この婚姻届を受理しても大丈夫か?」という受理照会をする必要があります。この受理照会で1~3ヶ月ほどの期間がかかることもよくあります。

ビザの種類によって手続きの期間が変わる場合もある

国際結婚の手続きに必要となる期間は、外国人配偶者が取得しているビザの種類によって変わることもあります。

例えば、外国人配偶者の方が中長期ビザを取得している場合は婚姻届をすぐに受理してもらえる場合が多いです。

しかし、外国人配偶者が海外にいたり、短期ビザによって日本にいる場合は前述のように法務局に照会をしてから婚姻届を受理することになります。そのため1~3ヶ月ほどの期間が余計にかかってしまうのです。

日本で先に手続きをすると楽になるパターンが多い

外国人配偶者の国籍にもよりますが、場合によっては日本で先に手続きをすることで結婚までにかかる期間を短縮することが出来る場合もあります。

以下にその一例をご紹介しますので、場合によっては結婚手続きの時だけ外国人配偶者の方に来日してもらうのもいいでしょう。是非検討してみてください。

1:中国

日本人と中国人で国際結婚する場合、先に日本で結婚手続きを行えばあらためて中国で手続きをする必要はなくなります。

中国で先に手続きをする場合は、後に日本の役所でも結婚手続きを行わなくてはならないので時間がかかってしまいます。
≫中国人との結婚手続きについてはコチラ

2:韓国

日本人と韓国人で国際結婚をする場合、韓国で先に手続きをするなら後に日本の方でも婚姻届を提出しなくてはいけません。

しかし日本で先に結婚手続きをする場合、後に日本の韓国大使館に婚姻を証明する戸籍謄本を提出するだけでいいので手続きが簡単になります。
≫韓国人との結婚手続きについてはコチラ

3:アメリカ

日本人とアメリカ人で国際結婚する場合、日本で先に結婚手続きを行えばその後アメリカ側で手続きを行う手間を省略することが出来ます。

逆にアメリカで先に手続きをする場合、マリッジライセンスの取得などの手続きを行う必要が出てきますので手間がかかります。
≫アメリカ人との結婚手続きについてはコチラ
≫アメリカ軍人との結婚手続きについてはコチラ

4:イギリス

日本人とイギリス人で国際結婚をする場合、日本で先に結婚手続きをするならその後にイギリス側で手続きを行う必要はありません。

しかし、イギリスで先に手続きをする場合は日本人配偶者が結婚訪問ビザを取得してイギリスへ渡航する必要があり、その後必要書類の提出や面接を行い、結婚式を挙げる必要があります。

5:ロシア

日本人とロシア人で国際結婚する場合、ロシアで先に手続きをする場合はまず日本人配偶者がロシアに渡航し、ザックスと呼ばれる戸籍登録機関に必要書類を提出する必要があります。

そして、その後発行された婚姻証明書を日本の役所に届ける必要があります。

しかし、日本で先に手続きをすればロシア側での手続きをする必要はありませんので、手続きを大幅に短縮することが可能です。

手続きで困った場合は専門の機関に頼るのも有効

国際結婚は国ごと、場合によっては州や自治体などでも法律が違うため、スムーズに手続きを行うことが出来ず困ってしまう方も多いと思います。

そうした場合は行政書士や国際結婚教会など専門機関に相談をするというのも有効な手段です。

あなたのケースに合わせた適切なアドバイスをしてもらうことが出来る他、手続きの代行などを依頼することも可能です。是非一度相談してみてください。

まとめ

今回は国際結婚の手続きにかかる期間についてご紹介させていただきました。

国際結婚は通常の結婚に比べて手続きの手間が多く、期間も長くかかってしまうことがあります。

ただし、日本で先に結婚手続きを行うことでもう一方の国での手続きを省略したり簡略化することが出来る場合もありますので、自分達に合った方法を取るようにしましょう。
≫国際結婚手続きの全体の流れと注意点

国際結婚の手続きは大変?全体の流れと注意点について解説!
国際結婚の手続きを控えているあなたに向けて、行政書士有資格者の私が、法律用語を一切使わずに国際手続きの流れと注意点について分かりやすく解説します。
この記事を書いた人
サカイ

行政書士事務所の代表。
得意業務は国際関係や建設業の手続きのサポート。
ブログ内では、行政との手続きに関わる情報を難しい法律用語を一切使うことなく「シンプルに分かりやすく」をモットーに解説していきます。
ご質問や申請書類のサポートご依頼随時受付しております。

愛する2人の子どもの為に日々奮闘中!

サカイをフォローする
国際結婚
サカイをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました