行政不服審査法18条:審査請求期間を分かりやすく解説【事訴法との比較あり】

行政不服審査法
 
悩めるお兄さん
悩めるお兄さん

不服審査法の審査請求期間が分からない。

  • 処分の場合と不作為の場合
  • 「翌日」まで覚えるべき?
  • 事件訴訟法との比較

に関して詳しく知りたい

 

そんな悩みに答えます。

 

 

本記事で分かること
  • 処分や不作為の場合の審査請求が分かる
  • 翌日表記の必要性がわかる
  • 事件訴訟法との比較が確認できる

 

「審査請求の手続き」パートは、結構整理しにくい分野ですよね。

覚えたはずなのに‥
とならないために重要部のみ4記事にまとめました。

 

 審査請求の手続きパート 
  1. 審査請求すべき行政庁(誰に)
  2. 審査請求人(誰が)
  3. 審査請求期間(いつまで)※本記事
  4. 審査請求の方法(どのように)

 

上記を、何度も見直しながら焦らず整理してみてください。
おのずと条文が腹落ちしてきます

 

さて今回は、審査請求期間(いつまで)の部分を解説します。

 

 

ではどうぞ〜

 

※0円で学ぶオンライン講義という近道
最近はオンラインで学べる予備校も増えており、忙しい社会人にはstudyingの方が早く学べるかもです。 studyingは5回分の無料体験講義があるので、これを使って基礎を学ぶのもありですね。
»studyingの無料講義はこちら

審査請求期間(18条)を分かりやすく解説

 処分に関しての審査請求期間 
  • 処分があったことを知った日の翌日から起算して3月
  • 処分があった日の翌日から起算して1年

基本は3と1の数字だけ覚えていけばOK。

  • 何で3ヶ月?
  • 何で1年?

のように理由まで突き詰めていく必要はない。時間の無駄。

 

「翌日」は覚えるべき?

結論:翌日という文字は絶対覚える必要はない

 

が、余裕があれば覚えていて欲しい‥

 

なぜなら、五肢択一で「翌日」を聞かれることはないが、記述式で審査請求期間が問われることはあり、その時に、完璧に答える為に必要になります。
ただ、近年の傾向的に、審査請求期間が記述で問われる可能性は極小かな‥。

 

ちなみに記述式で「翌日」と書かずに×ということは無いが、2点くらい引かれてもおかしくはないかな。

 

覚え方
「不服審査法3、1」と暗記しよう
 

事件訴訟法との比較

 不服審査法事件訴訟法
出訴期間(翌日から) 3ヶ月 / 1年6ヶ月 / 1年
主観的期間 / 客観的期間
 
覚え方
「不服審査法3、1」「事件訴訟法6、1と暗記 事件訴訟法の方が重要案件だから、期間が長い。と覚えよう
 

不作為に関しての審査請求期間(19条)

 不作為に関しての審査請求期間 期間制限はなし(不作為中であればいつでも可能)

 

行政庁が何かしら処分をしない限り、不作為状態は永遠に続いているワケだから、その間はいつでも審査請求しても良い。
反対に、審査請求してから一定期間が立っていないのにも関わらず「不作為だ!」と審査請求する事はできない。「却下」されるよ。

 

例題:Try it!

Q.処分に対しての審査請求は、処分があった日の翌日から3ヶ月が経過した後はすることができない。

○or×
 
処分を知った翌日から3ヶ月、処分の日から1年なので誤り。
 
 
Q.申請に対する処分が不作為状態にある時は、行政庁に対して、いつでも審査請求することができる。

○or×
 
 
 
処分を知った翌日から3ヶ月、処分の日から1年なので誤り。

これは正しいね。

 

まとめ

まとめ
  • 審査請求の請求期間は知った日の翌日から3ヶ月/処分の日の翌日から1年
  • 覚えるうえで、「翌日」はカットしてOK
  • 不作為中は、いつでも審査請求できる
この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政不服審査法 行政法
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました