【行政手続法1条】総則・目的等【瞬殺テクニックを公開】

行政手続法総則行政手続法

 

悩めるおじさん
悩めるおじさん

行政手続法総則の目的条文問題でよく間違える。
問題の文章が長くて嫌いだし、聞かれる角度によって正解が導けない。

 

勉強の仕方に工夫があれば教えて欲しい。

 

 

 

 

 

本記事の内容

・行政手続法の解放テクニック
・出題傾向

・対策方法

 

目的条文は頻出テーマ!落としてはいけません

 

これは、手続法に限ったことではありません。
不服審査法でも事件訴訟法でも地方自治法でも。どのテーマも目的条文がありますが全て頻出テーマなので回答できるようにしっかりと準備していきましょう。

 

Atsushi
Atsushi

条文を全部覚えようとすると多くの時間を消費してしまいます。

出題傾向を理解して、対策する必要があります。

出題傾向

出題傾向は、他の目的条文との入れ替え問題です。

 

例えば、、
ア:行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立てをすることができるための制度を定めることにより、国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保すること


イ:この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資すること


ウ:地方公共団体の区分ならびに地方公共団体の組織および運営に関する事項の大綱を定め,あわせて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより,地方公共団体における民主的にして能率的な行政を図るとともに,地方公共団体の健全な発達を保障すること

 
こういう問題がよくありすよね。
 
 
 
屁理屈さん
屁理屈さん
長っ!読むの疲れるし、なんかどれもそれっぽいし‥‥

読んでられないわ!!
 
Atsushi
Atsushi

皆さんそんな感じじゃないですか?(笑)

 

ちなみに、正解は”イ”です。
アは、不服審査法の目的で
ウは、地方自治法の目的です。
 

解放テクニック

解放テクは、
覚えるところを少なくし、全てを読まないこと。

 

まずは、手続法にしかない文言を整理していきます。

 

手続法の条文は

第1条
この法律は、処分行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。
赤ラインと黄色ラインがそれにあたります。
 
 
赤ラインのキーワードだけを暗記しておけば、
あとは、問題を斜め読みして文言を探すだけで解けます。
 
今回の例題だけではなく、
過去問に当てはめても、これだけでだいたいの問題に対応できます。
 
また、黄色ラインを関係ない文言に入れ替えてくるパターンもありますが、
これも、キーワードの暗記をしておけば大丈夫です。
 
多肢選択式などで出題されても手早く回答していけますね。
 
Atsushi
Atsushi

めんどくさい問題が、一瞬でラッキー問題に変わるよ。

2項は、ほぼ無視で大丈夫

ここは頻出テーマではありません。

第1条2項
2 処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関しこの法律に規定する事項について、他の法律に特別の定めがある場合は、その定めるところによる。
強いて言うなら、下線部の意味だけ理解しましょう。
これは、「一般法です」ということ。
 
もう少し噛み砕くと、
他に法律があればそちらを適用してください。という意味です。
 
よくある肢は、
他の法律に特別の定めがあっても、この法律が適用される

こういった反対の意味を書いた出題です。

「手続法は一般法だ」とだけ分かっていればこの肢はバツだと簡単に見分けることができます。

 

まとめ

・目的条文は、赤ライン黄色ラインだけ覚えよう

・目的問題は斜め読みで時間短縮

・2項は「一般法」だということ

 

条文の引用元はこちら

この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政手続法 行政法
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました