行政不服審査法44条:裁決の時期とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法
「審査請求の裁決が苦手‥」

「条文を何回読んでも理解できない‥」

 

裁決の問題が分からない人に足りないのは、ズバリ「条文の理解度」です。
大半の人は「分からない=勉強不足」と勘違していますが、その思考だと無限に合格点に辿り着けない人生が待っています。

この記事は、行政書士の僕が書いており、
「行政不服審査法44条:裁決の時期」について、条文が作られた背景も交えつつ、誰でも理解できるように解説していこうと思います。

この記事で分かること
  1. 裁決の時期とはを理解できる
  2. 本試験の対策が分かる
  3. オリジナル問題を解いて、より理解を深められる

行政不服審査法44条:裁決の時期とは【分かりやすく解説】

裁決の時期とは

審査請求に対する、審査庁の最終判断行為を「裁決」といい、その裁決を行う時期のこと

時系列:『審理 → 諮問 → 裁決』

裁決の時期

裁決の時期は、場合によって分けられています。
原則と例外があり、以下のように規定されています。

 審査庁は‥
原則行政不服審査会から諮問の答申を受けたとき
遅滞なく、裁決をしなければなりません
例外①
諮問を要しない場合
審理員意見書が提出されたとき
遅滞なく、裁決しなければなりません
例外②
その他の第三者機関
に諮問した場合
その機関から諮問の答申を受けたとき
遅滞なく、裁決しなければなりません

 

【裁決の時期】
 審査庁は、行政不服審査会等から諮問に対する答申を受けたとき、前条による諮問を要しない場合同項第二号又は第三号に該当する場合を除く。)にあっては審理員意見書が提出されたとき、同項第二号又は第三号に該当する場合にあっては同項第二号又は第三号に規定する議をにあっては審理員意見書が提出されたとき)は、遅滞なく、裁決をしなければならない。

「遅滞なく」の意味

法律用語では、時間的即効性が3つあり、遅滞なくは、一番遅い即効性が求められます。

「直ちに」 >「速やかに」 >「遅滞なく」
これは場面に応じて使い分けられ、


裁決の最終決定は、時間をかけて決めるべきであり、急いだ為に誤った裁決をするわけにはいきません。

そのような背景から、裁決の時期「遅滞なく」になりました。

裁決は、諮問の答申に拘束されない

行政不服審査会等の答申は法的に審査庁を「拘束しない」

「審査庁は、行政不服審査会の答申に拘束される」とあれば誤りと判断していきましょう。
∗審査庁は、行政不服審査会の答申に拘束されはないが、それを踏まえて判断しなければいけません

過去問:レッツチャレンジ!

Q.審査庁は、行政不服審査会等から諮問に対する答申を受けたときは、速やかに、裁決をしなければならない

×
「速やかに」が誤り。「遅滞なく」は正しい。

Q.審査庁は、行政不服審査会等から諮問に対する答申を受けたときは、遅滞なく、裁決をしなければならず、当該答申は法的に審査庁を拘束する

×
行政不服審査会の答申は審査庁を「拘束しない」
 
※更新情報:なんと0円で合格ノウハウ本がもらえます
今なら資格の学校クレアールでは資料請求した方先着100名に「行政書士試験最短最速非常識合格法」という書籍をプレゼントしているとの情報をいただきました。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います。
»クレアールの資料請求はこちら 
×
行政不服審査会の答申は審査庁を拘束しない
この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政不服審査法 行政法
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました