行政書士ってなに?
【これから資格を取ろうとしている人へ】

行政書士ってなに?行政書士とは
悩めるおじさん
悩めるおじさん

行政書士の資格を取ろうか迷っているんだけど、まずはどういう仕事なのか知りたい。

 

そんな悩みにお答えします。

 

✔︎記事のイントロダクション

行政書士は知名度もあり、独立開業につながる資格として注目されています。


しかし、行政書士の実態を知っている人は、行政書士を目指す皆さんの中でも、どれくらいいるでしょうか?

 

これから始める勉強のモチベーションを上げる為にも行政書士はどのようなものであり、どのような仕事をするのかをお伝えします。

 

 

 

 

行政書士はどのようなもの?

行政書士は「行政書士法」という法律に基づく国家資格です。
つまり行政書士は、国のお墨付きをもらって仕事をするもの。

 

専門的な分野について資格のある者が業務を行う、いわゆる法律系の士業しぎょうのひとつです。

Atsushi
Atsushi

士業って響きかっこいいよね。

 

その専門性の証として行政書士でなければ報酬を得ることが出来ない独占業務と定められています。

 

名前にあるように国や公共団体(県や市など)の行政にかかわる仕事で、
主に、皆さん個人や会社が行政に提出する書類を代行して作成する仕事です。
行政手続に詳しい専門家として国民と行政の間に入り手続をスムーズに進めます。

 

Atsushi
Atsushi

代執屋と呼ばれることもあるよ。

 

仕事の需要はめちゃくちゃある

仕事の数は、手続きの種類だけでも1万種類以上もありますので、あらゆる場面で活躍しています。
その為、行政書士が果たしている役割は非常に重要であり、社会的に必要不可欠な存在になっています。

 

Atsushi
Atsushi

車庫証明商標登録の手続きなどが一例だね。

 

✔︎ 行政書士の仕事

・行政に提出する資料を代行して作成
・国民と行政の間を橋渡しする役割

どんな人に向いている?

適格性

行政書士は、先程記載した通り書類作成の代行が仕事です。
営業活動を除けば書類作成が主な仕事ですので、パソコンでの事務作業が必須となるでしょう。

 

普段からパソコンに向かって仕事などをされている方は、パソコン業務に慣れているかと思いますのでアドバンテージはあると言えるでしょう。

 

行政書士に必要なスキルはExcelやWordの簡単な操作でOK!

パソコン

 

パソコン業務と言っても、書類作成が主ですのでパソコンのスキルが試されるよなことはありません。ExcelやWordがある程度使えればじゅうぶんです。

 

パソコンが苦手という方でも少しパソコンの使い方を学べば業務に支障をきたすことはあまりないです。

 

 

 

人によっては会社の書類作成にとどまらず会社のコンサルタントまで行う行政書士もいますので資格の活躍方法や、向き不向きは様々とも言えます。

 

資格を取得したらスグに開業できる

資格を取ることで、すぐに開業することができる資格なので独立開業の夢を持っている方にはとても活用しやすい資格です。

 

また、一度資格を取っておけば開業しようと思った時にできるので、将来の為に取得する人も多く、一生モノの資格とも言われています。

 

夢のある仕事なんですね〜!

さるわか
さるわか

子育て中に取得して、落ち着いてら開業する人も多いよ。

 ✔︎こんな人に向いています 

・独立開業の夢を持っている人
・主婦や子育てママ
・パソコンがある程度できる人

 

少なくとも、この3つのどれかに当てはまる人は行政書士の資格取得に非常に向いていると言えます。

 

自分がどのようになりたいのか。今後のライフプランと照らし合わせながら資格を取るかを検討していきましょう。
ライフプランを定めた方が勉強していく上でもモチベーションになりますよ。

 

 

さて、今回は行政書士の大まかな仕事内容を説明しました。

 

 

では、行政書士の資格はどのように取得するのでしょうか。
次の記事では資格の基本情報や合格基準を説明していきます。

この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政書士とは
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました