行政書士ってなに?
仕事内容とどんな人に向いているかをご紹介

行政書士とは
悩めるおじさん
悩めるおじさん
  • 「行政書士」の資格を取ろうか迷っているんだけど、まずはどういう仕事なのか知りたい。
  • 「行政書士」が私に向いていそうか知りたい。

そんな悩みにお答えします。

行政書士は知名度もあり、独立開業につながる資格として注目されています。
しかし、行政書士の実態を知っている人は、行政書士を目指す皆さんの中でも、どれくらいいるでしょうか?

この記事は、現役行政書士の私が試験勉強を始めようか迷われている方や、既に勉強を始めている方に向けて「行政書士はどのような仕事をするのか」についてを詳しくお伝えしていきます。

「行政書士」とは?どのような仕事なのか

行政書士は、行政(国)に提出する書類を代行作成、代行提出する仕事です。
行政手続に詳しい専門家として国民と行政の間に入り手続をスムーズに進めます。
例えば、建設業許可取得の為の申請書を事業者の代わりに作成。といった内容です。

また行政書士は「行政書士法」という法律に基づく国家資格です。
つまり行政書士は、国のお墨付きをもらって仕事をするものなのです。
専門的な分野について資格のある者が業務を行う、いわゆる法律系の士業しぎょうのひとつです。

その専門性の証として、許認可等の代行申請は行政書士でなければ報酬を得ることが出来ない独占業務と定められています。

✔︎ 行政書士の仕事

・行政に提出する資料を代行して作成
・国民と行政の間を橋渡しする役割

「行政書士」の需要について

次に「行政書士」の需要にていてご紹介します。
せっかく難しい資格を所得しても需要がないとお金を稼いでいけませんので、とても気になる部分かと思います。

結論から申し上げると、需要はあり稼いでいけます。
なぜなら行政手続きの種類だけでも1万種類以上もあります。その数だけ困っている人は存在しているのです。
その為、行政書士は様々な場面で活躍ができると同時に行政書士が果たしている役割は非常に重要であり、社会的に必要不可欠な存在になっています。

どんな人に向いている?

適格性

続いて、「行政書士」はどんな方に向いているか。という話題に触れていきます。資格を取る前に向き不向きを理解しておけば、後々になって「こんなはずじゃ…」となることもないでしょう。

「行政書士」に向いている方

結論から申し上げますと

  1. パソコンに向き合うのが苦ではない方
  2. 慎重派の方

この2点に当てはまる方は向いていると思います。

「行政書士」は、先程記載した通り書類作成の代行が仕事です。
営業活動を除けば書類作成が主な仕事ですので、長時間でのパソコン作業が必須となるでしょう。従って「パソコンと向き合う生活が苦であるか」といったことが重要です。

パソコンスキルはそこまで必要はありません。「Excel」「Word」がある程度使えるかたであれば問題ありません。

また、「慎重派」の方も向いています。
行政書士の仕事は、相手の人生を左右する書類を作成することが多いです。書類が通らなければ仕事が出来なくなったり、事業者の予定が年単位でずれたりズレたりしていきます。従って、慎重になって書類作成に臨める性格の方が重宝されています。

とはいえ、行政書士の業務は人それぞれです
書類作成にとどまらず会社のコンサルタントまで行う行政書士もいますので資格の活躍方法や、向き不向きは様々とも言えます。

「行政書士」の資格は一生もの

「行政書士」の資格を所得していれば、いざという時にも役立ちます。
例えば、定年後や出産後、子育てママの社会復帰のとき等です。

なぜなら「行政書士」は、経験が無くてもすぐに開業することができます。
従って、今すぐでなくても「いつか自分で…」と開業の夢を持っている方にはとても活用しやすい資格と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。この記事では「行政書士」の仕事とはについてご紹介しました。

  1. 行政書士は行政手続きの作成や提出を代行する仕事
  2. 手続きはの数は、一万種類以上
  3. パソコン業務がメイン。慎重派の方に向いている
  4. 資格があればすぐにでも開業できる

このように「行政書士」はとても魅力のある仕事です。自分がどのようになりたいのか。ライフプランと照らし合わせながら資格を取るかを検討していきましょう。

次の記事では資格の基本情報や合格基準をご紹介していきます。

この記事を書いた人
サカイ

行政書士事務所の代表。
得意業務は国際関係や建設業の手続きのサポート。
ブログ内では、行政との手続きに関わる情報を難しい法律用語を一切使うことなく「シンプルに分かりやすく」をモットーに解説していきます。
ご質問や申請書類のサポートご依頼随時受付しております。

愛する2人の子どもの為に日々奮闘中!

サカイをフォローする
行政書士とは
サカイをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました