行政不服審査法48条:不利益変更の禁止とは【わかりやすく解説】

行政不服審査法
「申立人の不利益になる処分の変更ってどんな場合?」
 
「具体例があれば知りたい‥」
 
この記事は、行政書士の僕が書いており、
「行政不服審査法48条:不利益変更の禁止」について、具体例を交えつつ、分かりやすく解説していこうと思います。
✔︎ 本記事の内容
1.申立人の不利益になる処分ってなに?
 
不利益の変更禁止は、結構本試験で出題されています!
内容は簡単なので、しっかり覚えておきましょう。

行政不服審査法48条:不利益変更の禁止とは【わかりやすく解説】

不利益変更とは

の処分や事実上に行為より、審査請求後に変更された処分や事実上の行為の方が、申立人にとって、不利益なものになること

例えば‥

営業停止6ヶ月の処分が、おかしいと思い、審査請求したら、営業停止10ヶ月の裁決を受けた。など

【不利益変更の禁止】
 第四十六条第一項本文又は前条の場合において、審査庁は、審査請求人の不利益に当該処分を変更し、又は当該事実上の行為を変更すべき旨を命じ、若しくはこれを変更することはできない。

関連条文

不利益変更の禁止は、審査請求が認容され、処分や事実上の行為を、変更する場合の条文なので、下記2つの条文とセットで覚えていきましょう。
»46条:処分についての審査請求の認容
»47条:事実上の行為についての審査請求の認容

過去問:レッツチャレンジ!

Q.裁決においては、処分を変更することが許される場合でも、これを審査請求人の不利益に変更することはできない


処分を変更するときは、審査請求人の不利益に変更することはできません。
この記事を書いた人
サカイ

行政書士事務所の代表。
得意業務は国際関係や建設業の手続きのサポート。
ブログ内では、行政との手続きに関わる情報を難しい法律用語を一切使うことなく「シンプルに分かりやすく」をモットーに解説していきます。
ご質問や申請書類のサポートご依頼随時受付しております。

愛する2人の子どもの為に日々奮闘中!

サカイをフォローする
行政不服審査法 行政法
サカイをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました