行政不服審査法61条:審査請求に関する規定の準用とは【分かりやすく解説】

行政不服審査法

 

「再調査で、審査請求を準用するものってなんだ‥」

「執行停止の準用ってするの?しないの?」

この記事は、行政書士の僕が書いており、
「行政不服審査法61条:審査請求に関する規定の準用」について、表で分かりやすく解説していこうと思います。
この記事で分かること
1.  審査請求を準用するもの
2.  審査請求を準用しないもの

ここは、本当に難しいです!

暗記の鉄則は、少ない方を覚えること。
準用しない方を覚えた方が速いですよ

準用するものリスト

審査請求の規定を再調査に準用するものリストを作成しました。
「ほとんど準用する」と考えていてもOKです。
マーカーは重要部分です。

∗条文  準用するものリスト
∗9(4) 審査庁職員による意見聴取
∗10 法人でない社団又は財団の審査請求
∗11 総代
∗12 代理人による審査請求
∗13参加人
∗14 行政庁が裁決をする権限を
有しなくなった場合

∗15 審理手続の承継
∗16 標準審理期間
∗19審査請求書の提出の一部
∗20 口頭により審査請求
∗23 審査請求書の補正
∗24 審理手続を経ないでする却下
∗25 執行停止
(審査庁が処分庁以外の場合を除く)
∗26 執行停止の取消
*27 審査請求の取下げ
∗31 口頭意見陳述
(処分庁への質問の許可を除く)
∗32 証拠書類等の提出
(処分庁側からの提出を除く)
∗39 審理手続の併合又は分離
∗51 裁決の効力発生
∗53 証拠書類等の返還
 
【審査請求に関する規定の準用】

 第九条第四項、第十条から第十六条まで、第十八条第三項、第十九条(第三項並びに第五項第一号及び第二号を除く。)、第二十条、第二十三条、第二十四条、第二十五条(第三項を除く。)、第二十六条、第二十七条、第三十一条(第五項を除く。)、第三十二条(第二項を除く。)、第三十九条、第五十一条及び第五十三条の規定は、再調査の請求について準用する。この場合において、別表第二の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。

準用しないものリスト(重要部のみ)

上記以外は、準用しないということです。
それだと試験対策が不安だと思うので、準用しないものリスト(重要部のみ)を作成しました。

準用しないリスト理由
(再調査は‥)
審理員の規定全般処分庁と請求人側
のみの手続
処分庁以外の審査庁による
執行停止
処分庁と請求人側
のみの手続
諮問機関処分庁と請求人側
のみの手続
不作為「処分」のみ
関係行政庁の
拘束力
再調査→審査請求
の場合に

決定が覆る可能性あり
処分庁等からの
証拠書類等の提出
あくまで「調査」請求

このページが、皆さんの寄りどころになれば幸いです。

(審査請求に関する規定の準用)
第六十一条 第九条第四項、第十条から第十六条まで、第十八条第三項、第十九条(第三項並びに第五項第一号及び第二号を除く。)、第二十条、第二十三条、第二十四条、第二十五条(第三項を除く。)、第二十六条、第二十七条、第三十一条(第五項を除く。)、第三十二条(第二項を除く。)、第三十九条、第五十一条及び第五十三条の規定は、再調査の請求について準用する。この場合において、別表第二の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。
この記事を書いた人
Atsushi

30代千葉県在住。
ヘアケアメーカー勤務兼、副業行政書士。
行政書士資格の対策をメインに配信。
学生時代は、ロクに勉強もせず野球一筋。
30代に入り、気合いを入れ2年間勉強して行政書士資格を取得。
素人だからこそ伝えられる目線で分かりやすく行政書士の勉強法を解説します。
目指せ、一発合格^^

美容情報はたまに更新します♩

Atsushiをフォローする
行政不服審査法 行政法
スポンサーリンク
Atsushiをフォローする
それゆけ行政書士!

コメント

EOM;
タイトルとURLをコピーしました